ダイビング・キモノ

着物の高価買取なら買取専門の福ちゃんに是非お任せください

着物の下着は何を着けるのか、、、お答えします

着物で下着がしっかりと着られれば、着物が着崩れてしまうことを避けられます。一番肌に近いものでは、肌着を着けます。胸を平らに見せる為、和装のブラジャー(ホック式とファスナー式がある)もありますがさらしを巻かれても大丈夫です。肌着は着物の汚れを防いだり汗を吸い、裾捌きを良くして歩き易くする作用があります。ワンピースタイプやセパレート、スリップタイプなどがあり、若い方にも着易く工夫されています。長襦袢は保温や着物を着る時にすべりをよくする役目を果たし汗や汚れも防ぎますので、冬は袷(あわせ)・春秋は単(ひとえ)・夏は絽(ろ)、麻、紋紗(しゃ)などの単の長襦袢を着けます。着物を着る時は湯文字という肌着をつけパンティを着けないという話を耳にしますが、現代ではトイレに行き易いように割れているような工夫されたものもありますので、着けていた方が安心できると思われます。その上に腰まきをつけて、襦袢を着付ければ肌着の部分は完了です。