ダイビング・キモノ

伝統衣装でも進化している着物のデザイン

着物のデザインが進化していて、洋装のように華やかなレースやリボンといった装飾が施されている物も多く発売されてきました。

これらはドレス着物などと呼ばれ、デザインも着やすさも大きく変わりました。ドレス着物の誕生で小さな子供でも着物を着る機会が増えました。

大人でも着物を着ると窮屈で動きにくい時があります。小さな子供ならなおさらで、じっとしていない子供に着付けをするのは本当に大変で、着ている子供自体も長時間着続けるのはつらい物です。

ドレス着物は、普段の下着を着用したまま着れるし、着付けに必要な物がなく、甚平のように羽織るだけで着れるのでとても簡単です。

デザインも子供が喜ぶような華やかな色で、レースやフリルが沢山付いているので女の子はお姫様になったような気分が味わえます。

お太鼓や飾り結びなどで帯を結ぶ必要がなく、蝶結びで綺麗に整うデザインになっているので、よく動き回る子供達が着くずれさせてもすぐに形を整えて着せる事ができます。